中曽根氏合同葬 この金額は元首相の葬儀費としては妥当な値。一般会計予備費なので国庫の金、国葬という事になりますね。「中曽根氏の葬儀に9千万円 政府が閣議決定、予備費から支出」 https://www sankei com/politics/news/200925/plt2009250013 n1 html この記事を見てみなさんはどう思いますか この金額は元首相の葬儀費としては妥当な値段ですか またこのお金は税金からですか 中曽根氏合同葬。故中曽根康弘元首相の内閣?自民党合同葬の経費として政府は約九千六百万円を
支出する。故人を故人を悼むのは当然としても。新型コロナ対応で財政が逼迫
ひっぱくする中。一億円近い税金の支出は妥当なのか。費用は内閣と
自民党の折半で。近年では。橋本氏二〇〇六年の合同葬に七千七百万円。
宮沢氏〇七年には七千六百九十六万円が政府から支出されている。

国庫から中曽根元首相の葬儀費9600万円を支出は妥当。中曽根康弘元首相の葬儀費用の半額にあたる約万円を国庫から支出すると
閣議決定された。なおこの「令」とは勅令=主権者たる天皇の命令で当時
は法律と同様の価値があったのです。中曽根氏は首相在職日数日と「内閣
?自由民主党合同葬」で送られた全員より長く戦後の首相としては上に佐藤氏
国民葬と吉田氏国葬しかいま前述のように中曽根氏の業績や他氏との
金額比較をしてみれば妥当な線なのですが「こんな時に死人失礼!公費負担9650万円波紋。内閣と自民党による故中曽根康弘元首相の合同葬を巡り。費用が妥当かどうかの
議論が起きている。総額億円弱の半分は公費|西日本新聞は。九州のニュース
を中心に最新情報を伝えるニュースサイトです。葬儀委員長は菅義偉首相が
務め。当日は首相のほか友人代表として読売新聞グループ本社の渡辺恒雄代表
取締役主筆らが追悼の辞を述べ。参列者果たして妥当な金額か-。

葬儀費用の平均はどれくらい。葬儀費用の全国平均は約万円となっています日本消費者協会 年葬儀
についてのアンケート調査この金額には葬儀一式費用。返礼品および飲食接待
費用。御布施など司祭者への費用が含まれ直葬火葬式は。通夜や葬儀式?
告別式を行わず火葬のみを行う葬儀形式で。約万円~万円が費用相場です。
同じような葬儀の内容だとしても。葬儀社によって価格が異なる場合が
あります。ティア。このため。葬儀単価についても全国平均が万円程度であるのに対して。同社
の最大の特徴は。「葬儀価格の完全開示化」と「適正な葬儀費用の提示」を
行い。同社の強みとしては。他社に真似のできない人財人材教育システム
が挙げられる。英首相。ロックダウン解除行程日に発表 不可逆的な進展望む

家族葬の費用相場は。通夜や告別式を行い。僧侶をはじめとした宗教者立ち会いのもと。行われるのが
通例です。このほか。家族葬には飲食や返礼品にかかる費用。お布施など宗教
者へのお礼がかります。葬式本体の費用は葬儀社が直接見積もりを出しており
。人数による変動なども少ないため。具体的な金額はほぼ見積もり通りの金額に
なります。飲食接待の具体的な費用としては。通夜料理や告別式料理にかかる
費用となりますが。予算感としては一人当たり円程度になる中曽根康弘元首相の葬儀に9千万円はかかりすぎ。今回注目すべき点は。中曽根康弘元首相の葬儀の費用として約9千万円が投じ
られることです。中曽根康弘元首相の葬儀費用として9千万円は妥当か?
この予備費は国会で議論されてきまるお金の中の一部だが。今回その予備費から
中曽根康弘元首相の葬儀費用に僕の意見を言うと国葬をやるのはかまわないし
。税金でやるのも構いませんけど金額そんなにかかるもんなのか?

税金投入。昨年11月に死去した故中曽根康弘元首相の内閣?自民党合同葬儀が17日に
東京都内で営まれる。政府が9643万円の予備費支出を決定したことに対し。
インターネット上では「費用が高過ぎる」との批判が出葬儀のこと。1980
年。戦後初めて現職首相のまま急逝した大平正芳元首相の合同葬を行って以降。
この野党は「慣例を見直すときにきている」と主張するものの。自民党内は「
費用は妥当」幹部との意見がURLの貼り付けは禁止です

一般会計予備費なので国庫の金、国葬という事になりますね。海外では、作家、音楽家、女優など民間人の国葬もあるそうです。国葬ほんとありえないと思います。これ税金ですよね。だったらこんなに無駄使いしないでコロナ対策に使った方がよっぽどマシですよね!政治家って…金銭感覚狂ってますね…まず記事のタイトルが間違ってますね。>経費として約9600万円を計上なので、経費として予算を組んだということです。支出だと払ったことになります。元総理大臣の葬儀に際しては、海外要人の来日が通例で、その際の歓待やセキュリティ対応は国が行います。そのための予算です。かかった費用のみ清算するので、予算を組んだだけの話です。こうした弔事に際して渡航することを、弔問外交と言うのです。政治家や政治ジャーナリストなら知らないと恥です。各国の方も集まるので、重要な話を首脳どうしで行う場合もよくあります。台湾の李登輝氏が亡くなった時に、森元総理が訪台しましたが、この時も台湾政府が警備や送迎を行っています。世界中の常識です。税金でしょう?しかしこういうときの香典は誰にいくのか?親族かな?しかし金にたいし騒ぐなら日本人はいい加減に選挙にいきいい加減な人間らしかいない政治家に対してどう何もしないのに不満が言えるかね?デモもなく真剣さすらない国民は政治家に何が言える?真面目に怒るすらしてないザマが今の政府税金が使われて当たり前安倍と同じ疑惑だらけで、大した成果もない中曽根。税金を使うのは、無駄遣いだ。それなりに名を残した元総理大臣ですから、こういった会を開くのは当たり前だと思う。むしろ、海外から来る要人の警備を考えたら、こんな金額で出来るのが不思議に感じる。まぁこの費用は税金で支払われるのですが、多くの人が引っかかるのが「内閣、自民党 合同葬」ならば、自民党が費用負担すべきじゃないかと。ネーミングが悪いんですよ。この名前も過去からの慣習なんですよね。普通に「国民葬」にすれば、税金から支払われても、何らおかしくない。何かにつけて文句を言う人は出てきます。でも、100点満点ではないが、中曽根康弘は立派な総理大臣だったと思う。税金を使う大義名分としてはそれで充分なんですがね。元総理大臣ですから当然のことです。政治的業績や大勲位という格を考えると、もっとお金かけてもいいとは思いますが、国の財政も厳しいのでしょうかね。税金です。仮にも元総理大臣ですからね。一般人と同じような葬式は出来ませんからね。そもそも内閣と自民党の合同葬という事は国として送り出すという事なので国としての威信がかかってきますから中途半端な事はできませんし、外国からも要人が多数来られるでしょうから。葬儀費は妥当だと思います。葬儀費は予備費から支出されますから当然税金ですねー因みに戦後の総理経験者は全員では無いけど大体内閣と自民党の合同葬ですね。政党交付金も税金ですから、全部税金だと思いますが、長年の功績に報いるということでしょうから、何も問題ないと思います。

  • マレーバク チーズ好きすぎて困ってます
  • これって電話マナー違反 の方のお名前
  • comicoコミコ 当然夕子嵌めていたの女性用サイズだ思
  • 浅見光彦シリーズ ころで12月17日のTBS月曜名作劇場
  • Embassy 売っていればど売店で売っているか教えてい
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です