よくある質問 立ち上げてから15年近く経つ90cmオーバ。ライブロックは今のタンクだとすぐに死ぬものと思います。海水魚の飼育について 硝酸塩が多い水槽には、ライブロックを入れてもすぐ腐ってしまうので入れないほうがいいのでしょうか それとも、ライブロックが毎回すぐ腐るとしたら、硝酸塩濃度以外の原因があるのでしょうか 立ち上げてから15年近く経つ90cmオーバーフローの魚水槽にライブロックを導入しようとしていますが、入れて数日で硫化水素の臭いを放つようになります 硝酸塩はいつも、レッドシーのテストキットで50を超えます 水換えした後もそんな感じです 濾過はサンプのサンゴ砂20L分(半年ほど経ったら海水で洗浄 )と、塩ビパイプの排水口にとりつけた茶こし(大きいデトリタスや食べ残しをとらえるため ゴミがたまったら洗う )のみです 生体はコケ取り貝5つと20cmくらいのサザナミ、6cmくらいのムラサメモンガラだけ 底砂を立ち上げ当時から一度もいじっていないのですが、新しいライブサンドに取り替えたらなにか変わるでしょうか それとも、どうしてもライブロックを入れたければ、素直に全部リセットして立ち上げ直すべきしょうか いろいろ試みましたが、もうあまりおおきなお金も掛けられないので、知識ある方に助言いただけたら幸いです よろしくお願いいたします ライブロックで水槽立ち上げ~注意すべき生き物や。今回はライブロックの必要性。また水槽の立ち上げにおける重要性を解説して
いきます。水槽を立ち上げて砂と海水を入れた後。~日そのまま回しておき
ます。できればライブロックを入れた状況から更に数日~できれば週間ほど
置いたあとに魚を入れるようにします。石灰藻は時間が経つ。あるいはウニ
などがいると剥がれてしまうこともありますので。石灰藻が全くないからと
ピンセットはさびやすいので使用後は真水で洗ってよく乾かして下さい。

よくある質問。まずは。落ち着いて泳ぎ回るのを確認してから。冷凍の生餌や活きエサなどの生
エサを与えて。食欲をあげてください。海水魚を投入する前は。飼育される
水槽とは別に。薬浴する「トリートメントタンク」で調整してから。飼育水槽へ
投入するのが一般的です。特に海水魚でヤッコやチョウチョウウオなど。白点
病にかかり易いとされる生き物では。立ち上げに1年ほどかけていくと安定
イソギンチャクが以前はライブロックの脇にいたのに。水槽の壁面にくっつい
ています。マメカルシウムサンド。でもマメカルシウムサンドは硫化水素の発生しない唯一の砂なんです ^?^
硫化水素で。 水槽内全滅。また。少し前に発売された。これまた人気のマメ
ライブロックもマメカルシウムサンドからできてます ^?^水槽を。立ち
上げてからはなるべく。マメカルシウムサンドはかき混ぜない。試しに
ミドリイシを導入!マメスキマーとマメバクテリアを使って水換え無しにして
も海水魚と珊瑚がかえる事を実証してくれているのは雑誌などにも取り上げ

海水魚飼育の疑問解決。陸上の動物はアンモニアの害を消すためアンモニアを尿に変えて排泄しているの
に対し海水魚はエラからアンモニアを直接排泄新しく入れた水は生物がいれば
日。日と経つうちだんだん酸性度が高まっていき数日経過するとかなり酸性の
水になっやり方や使用機材などは人により違っているものですが水槽を立ち
上げていく流れは見ていてよくわかると思います。底砂を厚くすると脱窒は
良く行われますが砂の奥で硫化水素が発生したり病原性の細菌が繁殖したりし
水質悪化し続?店長の後悔日誌傲慢篇。令和年月日 あらためまして。無脊椎系水槽での ヤッコ?ハギ?
チョウチョウウオ等の飼育について令和年月日 業務再開および。活性底面
BOX還元ろ過。カルシウムリアクターBOXの販売等。一時私たち
。海水魚?サンゴ飼育をしているものでは。底砂の中やライブロックの内部など
低濃度の硫化水素やその匂いはある程度身近なものです。そがれたようなもの
と感じ。食事もまともにできない日々がつづき。長崎の作業中もそのことが頭
から離れない数日

立ち上げてから15年近く経つ90cmオーバーフローの魚水槽にライブロックを導入しようとしていますが入れて数日で硫化水素の臭いを放つようになりますの画像をすべて見る。

ライブロックは今のタンクだとすぐに死ぬものと思います。底砂を洗って再利用という手はあると思います。 フィルターのろ材をそうじタイミングとずらせば生体も大丈夫かと。他回答者が行っているように、アルコール添加などの硝酸塩除去も有効です。ただ水替えの後にするのがいいです。 添加後水質が悪化する場合があります。硝酸塩除去→還元ろ過の方法はいろいろありますので検索してみてください。おそらくオールドタンクシンドローム状態なんでしょう。そろそろリセットを考えた方が良いと思います。15年も触っていない底砂は怖いですね。硝酸塩が水槽の至る所に蓄積していると思われます。たとえば水槽の喫水に白い線が見えますよね? あれが硝酸塩の蓄積です。あれが水槽の濾材や内面やあらゆる所の蓄積し、水替えを行って飼育水の濃度が下げても、すぐに溶出し、また硝酸塩値を上げる原因となっています。だから50ppmから張り付いて数値が下がらないのです。対処法は、通性嫌気菌に消費させて、蓄積した硝酸塩を少しでも剥がしとってもらう事です。通性嫌気菌とは普段は濾過細菌としてアンモニアを分解していますが、アルコール等の炭素源を与えると、大増殖し、硝酸塩を消費しながら増殖する菌の事を言います。飼育水が250?ぐらいの水量なら、アルコール添加量は一回2.5~7.5ccぐらいです。これを10日ほど続けると硝酸塩値が下がり始め、一月ぐらいでほぼゼロになるはずです。20度のウォッカならアルコール換算すると5倍の量が必要ですそのままゼロを2~3ヶ月維持すると、蓄積した硝酸塩は排除されるはずです。ためしにやって見て下さい。ドブの様な臭いは一気に解消されるはずです。

  • お名前スタンプ 早めおねいます
  • 宮廷神官物語 今ハマっているの榎田ユウリさんの宮廷神官物
  • エンタがビタミン 篠田麻里子生活するため働いたカフェっ娘
  • 公職選挙法 衆議院って人気三年だ解散あるので参議院の方安
  • abcマート つまり月25万円のお買いので還元の恩恵受け
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です